包茎手術の費用の支払い方法は?

包茎手術の費用の支払い方法にはクレジットカードも使用できます。包茎手術の費用はクリニックにより異なりますが、支払い方法は現金支払いであったり、各種クレジットカードで支払うことができるクリニックが多いです。中には金利なしの分割制度や医療ローンで支払いが可能なクリニックもあります。

費用が負担となって包茎手術を受けたくても受けられないという場合もありますが、手術にかかる経済的な負担を少しでも軽減できるように取り組んできるクリニックは多く、無理なく費用を支払うことが可能です。

包茎手術は健康保険が使用できない場合が殆どなので、包茎にも仮性やカントン、真性など種類があり、それぞれに料金は異なりますが、3万円程度で仮性包茎手術が可能なクリニックもありますが、それよりも高い料金の場合もあります。

包茎手術にはいくつかあり、環状切開術では3~10万円、亀頭直下埋没法では7~25万円が料金の相場です。手術によって費用も高額になりますが、現金だけではなくクレジットカードで支払いが可能なクリニックであれば、費用を気にせず治療が可能です。

包茎とはどのような症状?

包茎は陰茎の亀頭が薄い包皮で覆われた状態で、見た目以外にも包皮で覆われているため汚れが溜まりやすく臭いが気になるなど、コンプレックスに感じる男性は少なくありません。

種類には真性、仮性とカントンや埋没の4種類です。真性は先端の包皮がせまく亀頭が露出してなく、仮性は普段は亀頭が包皮に覆われていますが勃起時は露出します。カントンは真性包茎の症状で無理に包皮を裂いた場合に起きて元に戻らない症状で、埋没包茎は肥満が原因となりお腹にペニスが埋もれる状態です。

治療は仮性の場合には必ず手術が必要という訳ではないものの、異性に指摘されたり本人が気にしている場合には治療をします。真性は様々な病気の原因となるため治療を望む人は多く、カントン包茎は、亀頭の組織が壊死する場合もあるので早めの治療が推奨されています。

包茎手術が必要な包茎もありますが、保険適用ではない場合が殆どなので治療費が高額になり治療ができないという人もいますが、クレジットカードが使用できるクリニックは多く、他にも無理なく治療が出来るような支払い方法を用意しているところもあるので、早めの治療を検討すると良いです。

まとめ

包茎は、手術での治療が必要な場合があります。早期に手術しないと大変なことになる包茎もあるので、早めにクリニックを受診して治療をする必要があります。
包茎手術をしたくても費用が高額で手術ができないという場合もありますが、クレジットカードが使えたり、医療ローンなど無理なく支払いが可能な方法を用意しているクリニックもあるので、自分にあった方法で支払いができるクリニックを受診することを検討すると良いでしょう。